ホーム > 2021 Microsoft AZ-140試験,AZ-140日本語試験,AZ-140模擬試験|ktest
迅速レーダー
会社案内
ソフト版
購入問題
品質保証
全商品
全部の認定試験
F.A.Q
2021 Microsoft AZ-140試験,AZ-140日本語試験,AZ-140模擬試験|ktest
AZ-140試験情報:
試験 AZ-140: Configuring and Operating Windows Virtual Desktop on Microsoft Azure (beta)
言語: 英語
受験量:¥21103 JPY*
廃止日: なし
ktestキャンペーン


このテストでは、下記の技術的タスクを達成する能力を測定します。 Windows Virtual Desktop アーキテクチャを設計すること。 Windows Virtual Desktop インフラを実装すること。アクセス及びセキュリティを管理すること。ユーザ環境及びアプリを管理すること。 Windows Virtual Desktop インフラを監視および維持すること。

試験 AZ-140: Configuring and Operating Windows Virtual Desktop on Microsoft Azure (beta)
このテストに値する候補者となるのはAzureでのあらゆるデバイス向けの仮想デスクトップエクスペリエンスとリモートアプリの計画、配信、および管理に関する専門知識を有するAzure管理者です。

このテストに値する候補者は仮想化、ネットワーキング、ID、ストレージ、バックアップ、復元力、およびディザスタリカバリなどのAzure技術での経験があるという方です。この候補者達は、Windows Virtual Desktopへの移行に関連するオンプレミスの仮想デスクトップインフラストラクチャテクノロジをよく理解している必要があります。この専門家達は色々なタスクを遂行するためにAzureのポルタルとAzure Resource Manager (ARM)テンプレートを使います。もっと効率的な自動化のためにPowerShellもAzure Command-Line Interface (CLI)も使う可能性があります。

このテストのための候補者はAzureのエキスパートレベルの管理スキルが必要です。

Ktest問題集はIT専門家からすべての問題と解答を確認して、正解率が98%になります。Microsoft Microsoft Certified: Windows Virtual Desktop Specialty 資格AZ-140問題集は実験問題、多肢選択問題、単项の选択問題、ドラッグ アンド ドロップ問題及び穴埋め問題を提供しております。

人性化のサービス、よくお客様の立場から考えて、もっといいサービスを提供することはktestの信念です。 お客様がMicrosoft AZ-140問題集を購入する前に無料でMicrosoft AZ-140問題集のサンプルを試用することができます。Microsoft AZ-140試験問題は定期的にアップデートしています。

無料で365日以内にMicrosoft AZ-140問題集の更新版を贈ります
ktestのMicrosoft AZ-140試験問題集を買ったことがあるのはお客様に365日以内に無料で問題集の更新版を贈ります。お客様が持ってる問題集はきっと最新版でございます。

KtestはPDF版およびソフトウェア版を提供することができます。
ktest Microsoft AZ-140試験問題集のPDF版 はいつでも、携帯電話、コンピュータ、タブレットPCで勉強してもいいんです。どこ、いつでも勉強できます。

ソフト版は本格的な試験環境と同じです。受験者のために、本試験環境を適応することができます。受験の前に無料サンプルを体験して頂くことができます。

Ktestは無料でMicrosoft Certified: Windows Virtual Desktop Specialty AZ-140試験問題集デモ(DEMO)を提供することができます。
Ktest試験問題集は真実の試験環境と同じです。お客様が購入する前に、無料でAZ-140(Configuring and Operating Windows Virtual Desktop on Microsoft Azure)問題集のサンプルを使用してから、もっと自信を増やす。もし,弊社のAZ-140問題集を使ったら、試験に不合格だったら、ktestが全額で返金できます。ご安心ください。

Which role should you assign to Operator2 to meet the technical requirements?
A. Desktop Virtualization Session Host Operator
B. Desktop Virtualization Host Pool Contributor
C. Desktop Virtualization User Session Operator
D. Desktop Virtualization Contributor
Answer: D

You plan to implement the FSLogix profile containers for the Seattle office.
Which storage account should you use?
A. storage2
B. storage4
C. storage3
D. storage1
Answer: A

You deploy multiple Windows Virtual Desktop session hosts that have only private IP addresses.
You need to ensure that administrators can initiate an RDP session to the session hosts by using the Azure portal.
What should you implement?
A.Remote Desktop Connection Broker (RD Connection Broker)
B.Azure Application Gateway
C.Azure Bastion
D.Remote Desktop Session Host (RD Session Host)
Answer: D

You have a Windows Virtual Desktop host pool named Pool1 that runs Windows 10 Enterprise multi-session hosts.
You need to use Performance Monitor to troubleshoot a low frame quality issue that is affecting a current use session to Pool1.
What should you run to retrieve the user session ID?
A.Get-ComputerInfo
B.qwinsta
C.whoami
D.Get-LocalUser
Answer: B

You have a Windows Virtual Desktop host pool named Pool1 and an Azure Automation account named account1. Pool1 is integrated with an Azure Active Directory Domain Services (Azure AD DS) managed domain named contoso.com.
You plan to configure scaling for Pool1 by using Azure Automation runbooks.
You need to authorize the runbooks to manage the scaling of Pool1. The solution must minimize administrative effort.
What should you configure?
A.a managed identity in Azure Active Directory (Azure AD)
B.a group Managed Service Account (gMSA) in Azure AD DS
C.a Connections shared resource in Azure Automation
D.a Run As account in Azure Automation
Answer: D
emailsales@Ktest.jp
support@Ktest.jp
オフィス営業時間: 9:00 – 19:00 (月曜日から金曜日まで)
mixi  tumblr  facebook