ホーム > HP HPE7-A03 Aruba Certified Campus Access Architect 試験の準備をしていますか? -ktest
迅速レーダー
会社案内
ソフト版
購入問題
品質保証
全商品
全部の認定試験
F.A.Q
HP HPE7-A03 Aruba Certified Campus Access Architect 試験の準備をしていますか? -ktest
ktestは最新の HPE7-A03 Aruba Certified Campus Access Architect 試験問題集を提供してあなたを支援します。 これらの学習教材は、必要な認定トピックをすべて綿密にカバーするように設計されています。 試験内容を包括的に理解できるようにするだけでなく、HP資格試験に臨むために必要な自信も与えてくれます。 私たちの優れたHPE7-A03 Aruba Certified Campus Access Architect試験問題集を利用すると、徹底的に準備ができていることがわかり、究極の満足感を得ることができます。 私たちの目標は、最初の試行で確実に試験に合格することです。
HP HPE7-A03 Aruba Certified Campus Access Architect 試験の準備をしていますか? -ktest
この試験では、ビジネス ニーズごとに適切な検証済みのソリューション ガイドと一致する、安全で冗長性、スケーラブル、回復力、または高性能の HPE Aruba Networking Campus Access インフラストラクチャを作成および設計するための技術要件を解釈できることを検証します。 複雑な要件と制約を最適な HPE Aruba Networking ソリューションに変換する能力がテストされます。 候補者は、HPE Aruba Networking ソリューションを利用して、複数の関係者に対してビジネス価値を明確に説明できます。

HPE7-A03 Aruba Certified Campus Access Architect 試験に合格すると、HPE Aruba Networking Certified Network Architect を取得するのに役立ちます。 キャンパスアクセス認証。 ビジネス ニーズごとに適切な検証済みのソリューション ガイドと一致する、安全で冗長性、スケーラブル、回復力、または高性能のキャンパス アクセス インフラストラクチャを作成および設計するための技術要件を解釈できることを検証します。

この認定を取得する理由は何ですか?
ビジネス ニーズに応じた適切な検証済みのソリューション ガイドと一致する、安全で冗長性、拡張性、回復力、または高性能のキャンパス アクセス インフラストラクチャを作成および設計するための技術要件を解釈する知識とスキルを備えた、信頼できる IT プロフェッショナルとしての地位を確立します。
HPE Aruba Networking Campus Access ソリューションの設計に必要なスキルと経験を検証します。
ソリューションの構築とアプリケーションとワークロードの最適化に豊富な経験を持つ認定プロフェッショナルとしてキャリアを前進させましょう。

試験の詳細
試験 ID: HPE7-A03
試験の種類: 監督付き
試験時間: 2 時間 30 分
試験の長さ: 70 問
合格点: 67%
配信言語: 英語

HPE7-A03 試験トピック
要件の発見 21%
1.1 目標を定義する
1.2 現在の環境を特定する (プロジェクトによっては考えられる制約)
1.3 目標を特定する
1.4 情報収集

要件の分析 26%
2.1 考えられる高レベルの解決策を決定する
2.2 要件を技術的ソリューションにマッピングする
2.3 提案されたソリューションを既知の依存関係およびプロジェクトの目的に照らして評価する
2.4 仮定を文書化する

ソリューションを設計する 32%
3.1 ビジネス ニーズを満たすソリューション オプションを特定する
3.2 高レベルのトポロジの設計
3.3 正しい製品を選択する
3.4 適切なオーバーレイとアンダーレイの設計を決定する
3.5 設計が元の要件を満たしていることを検証する

解決策を提案する 21%
4.1 設計ドキュメントの作成
4.2 ソリューションを提示する
4.3 最終デザインの作成

Aruba Certified Campus Access Architect HPE7-A03 無料問題集をシェアする

1. You ate presenting your network design solution to your customer. What Is important to include in your presentation?
A. protocols that will be used to make your solution work
B. your rollback plan
C. your experience with this kind of project
D. tangible and intangible returns for the customer
Answer: D

2. Which is true with regard to device capabilities?
A. Wi-Fi 6E supports 6 GHz for both indoor and outdoor deployments since it was ratified in April of 2020.
B. Aruba recommends ao-50 devices per radio for a generic office deployment.
C. You should determine If devices support 2 A GHz or 5 GHz. No consideration Is yet required for 6 GHz as It has yet to be ratified,
D. Aruba's best practice is to use whatever the AP model supports as a maximum.
Answer: B

3. What possible issue with the cote switch selection do you see in regards to the customers' requirements?
A. The cote switch will have a lot of unused ports.
B. The cote switch will not support the 10GbE downlinks to the cabins and technical rooms.
C. The core switch will not support the 25GbE downlinks to the distribution switches.
D. The cote switch will not have enough ports for VSX links.
Answer: C

4. What is the best practice for using VSX at the core of a 3-tier design?
A. VSX-lags allow the collapsed core to connect directly to services such as gateways and services only so long as spanning tree is used to prevent loops.
B. You should Implement VSX at the core when the aggregation layer operates at layer 2 only.
C. You should implement VSX at the core when the aggregation layer is layer 3 only with OSPF-routed traffic forwarding Between the core and aggregation layers.
D. You should never implement VSX at the core of a 3-tier redundancy core.
Answer: C

5. identify the stakeholders when gathering information for the network design and new IDF/MDF design. (Select two.)
A. Help desk manager
B. Network Operations manager
C. Chief Financial Officer
D. Facility manager
Answer: A,B

6. Which alternative source is best suited for site surveys or simul-ations if no floor plans are available?
A. tire escape plan
B. simple wall drawings
C. blank sheet of paper
D. Googte Maps
Answer: A
emailsales@Ktest.jp
support@Ktest.jp
オフィス営業時間: 9:00 – 19:00 (月曜日から金曜日まで)
mixi  tumblr  facebook